ニューヨーク市34番街にある 物理療法リハビリテーション研究所の
受付の壁にある南部連合の無名兵士の詩です。

【ある兵士の祈り】

大きなことを成し遂げるために、力を与えてほしいと神に求めたのに、
謙虚さを学ぶようにと、弱さを授かった。

より偉大なことが出来るようにと、健康を求めたのに、
より良きことができるようにと、病弱を与えられた。

幸せになろうとして、富を求めたのに、
賢明であるようにと、貧困を授かった。

世の人々の称賛を得ようとして、成功を求めたのに、
得意にならないようにと、失敗を授かった。

人生を楽しもうと、たくさんのものを求めたのに、
むしろ人生を味わうようにと、シンプルな生活を与えられた。

求めたものは何一つとして与えられなかったが、
願いはすべて聞き届けられていた。

私はあらゆる人の中で、
もっとも豊かに祝福されていたのだ。
 
 
 
【クレド(弱い者の信仰宣言)】     原詩:ある兵士の祈り

成功を収めるために 神に力を願ったのに
弱くなってしまった 謙遜を学ぶように
偉大なことをするために 神に健康を願ったのに
病気になってしまった 神の心に適うように
私の願いは何一つ叶えられなかったけど
希望した全てのことを 私は受けた

幸せになるために 神に富を願ったのに
貧しくなってしまった 生きる厳しさ知るように
弱い人を助けるために 神に権威を願ったのに
無力になってしまった 神に頼ることを学ぶように
神は私に必要なこと何もかも知っておられる
希望した全てのことを 私は受けた

人に尊敬されるために 神に手柄を願ったのに
ただ失敗に終わった 思い上がらないように
聖なる人になるために 神に徳を願ったのに
罪の醜さに泣いた 神の愛の深さ悟るように
私の姿は変わらない 弱く何も出来ないけれど
喜びに満ちあふれて 私は歌う


 
クレド画像(photo:[http://www.flickr.com/photos/brenda-starr/5992190483/in/photostream{The Prayer By ~Brenda-Starr~}])
 

ホーム

 

広告